« にゅーす☆ | トップページ | もう大丈夫 »

2005年11月16日 (水)

悲しい事が

悲しい事が
ありました。(ノ_・。)
なんか、このブログはいつも皆で楽しく和める場であったから ゆぅりの悲しい話はやめたほうがいいのかすごく悩んだんだけど でも ゆぅりの大事なおばぁちゃんの事なので。。 
お話させてね?

実は昨日の夜中 ゆぅりの大好きなおばぁちゃんが亡くなりました。おばぁちゃんはすごく優しくて小さい頃から一緒に住んでたし、孫で女の子はゆぅりだけってこともあってすごく可愛がってもらえました。
昨日もゆぅりの話をニコニコ聞いてくれてたんだけど。。
言葉でなんてゆうのかわかんないけど、ただ今は悲しい気持ちでいっぱいです。
そんなことがあったから元気がないの。

もぉちょっと元気でたらまた更新するね。

|

« にゅーす☆ | トップページ | もう大丈夫 »

コメント

ゆぅりちゃん。すこし元気でたかな。
何も言えないけど、リリーフランキーの「東京タワー」って本、良かったら読んでみて。
彼も大切なお母さんを亡くして、、その小さい頃からの思い出について書いた、大切なひとに捧げるために書いた本だよ。最近読んで、すごい感動したから。

投稿: ジュンノスケ | 2005年11月21日 (月) 06時50分

久々に来て見たらそんなことが。。。。
僕の祖父母はもういませんが、心の中にずっと生き続けていると思っています!
きっと永遠に心から消えないです^^
悠里さんも元気を出して?!心の中にずっとおばあちゃんはいますよ^^v

投稿: ま~くん | 2005年11月19日 (土) 23時02分

ゆうりちゃん、がんばろう!!

投稿: じろう | 2005年11月19日 (土) 15時17分

この度の訃報に心からお悔やみ申し上げます。

投稿: アイドル丼管理者 | 2005年11月18日 (金) 12時53分

この度はご愁傷様です。悲しみがこみあげてくるのとても良くわかります。ご家族の絆で天国にいくおばあちゃんをしっかり見送ってあげてください。僕の父もこの夏に他界したのですごく悲しかったけれど、日が経ってみると心の中に一層いいおもいでばかり・・・きっと悠里さんにもそう感じられる日がくることでしょう。

投稿: うってぃ | 2005年11月18日 (金) 03時53分

俺はまだ、祖父母一人もなくしてないけど、正直もうすぐ二十歳だし、ある程度の覚悟はしています。地元から上京してきたし、大学もあるから、死に目に会えないことも覚悟してます。だからこそ、彼等が話してくれたこと、残してくれた思い出だけは、ずっとそばに・・・。
これから生きていく俺らが覚えていることで、彼等はこの世に残るから。

投稿: kou | 2005年11月18日 (金) 01時39分

心の中にポッカリと穴がひとつ。
いつかは来る別れですが残念です。
気持ちをしっかり持ってね。

投稿: ひー坊 | 2005年11月18日 (金) 00時19分

おばあさまのご冥福を心よりお祈りいたします。。。私も昨年最後のあばあちゃんを亡くしました。小さい頃、ばあちゃんっ子だったのでとても悲しかった。ゆうりちゃんから絞り出たことばが痛くって、今迄ROMに徹してきましたが、ひとこと書きたくなりました。いつかまた会う時に恥ずかしくないように精一杯生きていこうね。
「おばあさま、ゆうりさんはすごく心が綺麗な方ですから、きっとブレイクしますよ!」

投稿: roughboy | 2005年11月17日 (木) 23時55分

本当になんともいえない。
悲しいと思う。
思い切って悲しんでおばあちゃんを見送ってあげてください。

投稿: kenken | 2005年11月17日 (木) 22時54分

おばあさんは、悠里さんが自分の好きなお仕事をして、それで立派になっていく姿をみれて、幸せだったと思います。
またそんな姿を大好きなおばあさんに見せれれた悠里さんも幸せだったのではないかと思います。
もし人が生きて行く人生で、幸せになること、または幸せを感じることが目的だとするなら、悠里さんはおばあさんに、人生で最高のプレゼントをあげられたのではないかと思いました。

でも、やっぱり悲しいですよね。
僕も、なんだか悲しいです。
ブログのことなんか気にしないで、今はおばあさんのとこに好きなだけいてください。

・・・元気、出してくださいね。

そして、元気になったら、またいろんな人に幸せのプレゼント、してくださいね!

それが悠里さんです。
おばあさんもきっとそう思っているのではないかと思いました。
そしてずっと悠里さんを見てくれていると思います。

みんなもついてますよ~!

投稿: 今見ました | 2005年11月17日 (木) 04時48分

まずはゆうりおばあちゃんのご冥福をお祈りします。

無理に元気出してとは言わないけど引きずり過ぎて仕事に響いちゃうとおばあちゃん悲しむと思うよ。
こういうことは自分で乗り越えるしかないし、きっと天国からゆうりちゃんを応援してくれるって!
早く笑顔見せてね。

うちの祖父も先日検査入院したんだよね。まだ結果はでてないけどなんもなければいいな・・・。

投稿: まあてぃ | 2005年11月17日 (木) 01時20分

今は頭も整理つかないだろうし、元気出なくて当然だと思うよ。色んな思い出を決して忘れず、おばあちゃんが残した色んな言葉を、想いを、引き継いで生きてください。悠里ちゃんがおばあちゃんの事を、記憶にいつまでも残していく事こそが、彼女が生きた証になる。どんなに時間かかってもいいから、自分の中でゆっくり落ち着かせて、それが出来たら戻っておいでね。

投稿: タカ | 2005年11月17日 (木) 00時52分

悲しいね。
森下さんが活躍していく事が
おばあちゃんにとって、なにより
うれしい事だと思うよ。
いい思い出を胸にしまってあげてね。

投稿: ケン | 2005年11月17日 (木) 00時23分

大変でしたね。
今までのいろんなこと思い出しちゃうから。
悲しいときは素直に一杯泣いていいと思う。
一杯泣いて、いつか胸にしまえたら、
今よりもっと素敵なゆぅりちゃんになれてるよ。
がんばって^^

投稿: ゆう | 2005年11月17日 (木) 00時22分

悲しいね。
森下さんの活躍を、おばあちゃんも
期待しているだろうから、
この悲しみを乗り越えてがんばってね。
おばあちゃんとの、いい思い出を
胸にしまっておいてあげて下さい。

投稿: ケン | 2005年11月17日 (木) 00時20分

そうか…それは残念ですね♪( ̄□||||!!
ご冥福をお祈りいたします…

おらも、おばあちゃん子だったから、気持ちはよく分かりますぞ…。σ(;_q)ヾ(;´д`)元気おだし・・・ 
まぁ…人が亡くなる瞬間はとても悲しいもの…そこにいなくなるほど悲しい事はないからね…慰めをしたところで…どうにもならないので、あとは、ゆうりんの気持ち次第…♪
今は、おばあちゃんとの楽しかった…あの頃の思い出にゆっくりと浸ったらいいよ…そして、徐々に立ち直ればいいさ…時間かかってもいいからさ…♪

そして、立ち直れたなら、またカキコしてくださいな…それじゃね…

投稿: もっち☆ | 2005年11月16日 (水) 23時00分

いっぱい泣いてあげて。

投稿: カワオン | 2005年11月16日 (水) 22時59分

こんな時何も言えない。

悲しい事。侮辱される事。虐げられる事。生きてると嫌な事、つらいことっていろいろあるよね。

だけど生きていくんだよね……。
きっと、いつか自分が夢みてる追い求めてる
幸せな時がくると思うから、願うから……

ゆうりちゃんの悲しみはやく癒えるといいね

投稿: 純 | 2005年11月16日 (水) 22時57分

元気出して!!

投稿: おっさん | 2005年11月16日 (水) 22時52分

 ずっと前に他界した自分の祖母は101歳まで生きて、大往生だったといえますが、生前よく会うと口癖で「辛抱しなきゃだめだよ。」って言ってました。そのときはピンとこなかったけど、自分が仕事とかで嫌なことがあるとその言葉がよく思い出されます。
 悠里さんのお気持ち、お察しします。こんなときに慰めるコメントになるかどうか分かりませんが、たまに自分がよく読んでいる、僧侶であり小説家でもある瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)さんの本の中の言葉を引用してみたいと思います。
「世の中で何が苦しいといっても、愛する人に別れる苦しみほど耐えがたいものがあるでしょうか。別れの辛さは決してなれるということがありません。いくどくりかえしても別れは辛く悲しいものです。愛が深いほど、その悲しみは強いといえます。
 けれども人は、生きていく途上で無数の別れに出逢い、その悲しみに耐えることによって心がきたえられ、また成長していくものです。亡くなった人への愛に固執せず、亡くなった人の生命まで自分に引き受けて、たくましく生きてほしいと思います。
 亡くなった霊は愛するものの、幸せしか祈ってないのです。なぜなら、彼らは人間ではなく仏になっているのですから。」
 亡くなったおばあちゃんは、きっと悠里さんことをいつも見守って幸せを祈ってくれてると思いますよ。

投稿: JIRO | 2005年11月16日 (水) 21時10分

とても悲しいお知らせです。
人は嬉しい時より悲しいときに
力になってやるべきです。
頑張れゆうたん。
一歩、一歩前だけを見つめて。

投稿: くま | 2005年11月16日 (水) 20時43分

ゆうりちゃんのおばあちゃんの、ご冥福をお祈り申し上げます。

きっとおばあちゃんも、天国からこれからもゆうりちゃんの事を、ずっと見守ってくれると思うよ。
悲しいと思うけど、しっかりいつものゆうりちゃんで見送ってあげて下さいね。
はやく元気出してね。

投稿: しんじ | 2005年11月16日 (水) 20時21分

そぉだったんだ・・・悲しいね

うちのおばあちゃんも 今年死んじゃって・・
大好きだったから何日かは その事ばかり考え 何をしてても涙が流れてたの

ゆぅりちゃん 立派に見送ってあげてね!

ご冥福をお祈りします

投稿: Yumiko Hayashi | 2005年11月16日 (水) 17時16分

うまく言えないけど。

大切な人、
素敵な人、
親切な人、
みなかけがえのない人なのに。
どうして、先にいなくなっちゃうの。
ってことあるんだよね。

でも、親より先立つ子供は
親が可哀想なんだよ。
寿命をまっとうして、亡くなった方は
幸せだったとおもわなきゃね。

悠里ちゃんが、明るくお別れしないと
おばあちゃんもきっと悲しむよ。

投稿: もりっち | 2005年11月16日 (水) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい事が:

« にゅーす☆ | トップページ | もう大丈夫 »